マレーシアのM&A案件 2021年 Part 2 (記事・英文)

2021/04/08
記事

今回ご紹介するマレーシアにおけるM&A案件は、アイカ工業が2021年2月にマレーシアの接着剤メーカーの株式を取得した案件になります。

アイカ工業は、東京証券取引所および名古屋証券取引所の第一部に上場しており、年間売上高は約1,900億円、接着剤などの化学製品分野とメラミン化粧板を中心とした建材事業を展開しています。特に、メラミン化粧板ではトップシェアを誇っています。アイカはアジアへの進出を積極的に行っておりマレーシアでは、工業用樹脂、合板用接着剤、ファイバーボード用樹脂の製造・販売を行っている子会社のアイカ・マレーシアと、1999年に出資した関連会社のMaica Laminates Sdn Bhd.の2社です。アイカ工業が株式を取得した会社は、マレーシアのホットメルト接着剤製造・販売会社ADTEC社です。